取扱業務

さくら中央法律事務所(会社倒産・法人破産)
アイフル株式会社の過払い請求

アイフル株式会社への過払い請求

アイフル株式会社への過払い請求について

 以前にチワワブームを引き起こしたCMは多くの人が知っていると思います。このCMにより

会員の数が増大したと聞いています。現在のアイフルは、店舗のほとんどを閉鎖して、

インターネットでの申込み・審査・契約の流れが主流になっています。また住宅業界大手の

大手の「アイフルホーム」とは、何の関係もありません。


 銀行系の消費者金融でないため、経営破綻のリスク(倒産)が他の大手消費者金融より高いと

思われます。ただし、決算では黒字になっており、さらにアイフルの株価をみると上昇傾向に

あります。


平成21年12月にADR(私的整理の一種)を行っており、訴訟外での返還額が低いです。

また訴訟をすると、できる限り返還時期を延ばそうとして争ってきます。

その他アイフルはライフ(一部)の過払い金を承継しています。

ライフとの取引をされていた方はあわせてご相談下さい。


※☆が多いほど依頼者方に有利になります。

訴訟外和解
訴訟
返還期間
★★★★★
返還額
★★ ★★★★★









銀行系の消費者金融でないため、経営破綻のリスクが他の大手消費者金融より高い。

平成21年12月にADR(私的整理の一種)を行っており、訴訟外での返還額が低い。

また訴訟をすると、できる限り返還期間を延ばそうとして争ってきます。

ライフ(一部)の過払い金を承継しています。ライフとの取引をされていた方はあわせてご相談下さい。


※アイフルに過払い請求をする場合の注意点

ライフ(一部除く)等借入がある場合は、信用事故扱いになります。

また過払い金は他の借入金と相殺されます。


裁判所から訴状が届くなどお困りの方は、

ぜひ一度ご相談ください!

無料相談ダイヤル:03-3350-1311

 

債務整理専用ダイヤル

女性のための借金相談

減額報酬バナー

よくある質問

このページのトップへ
プライバシーポリシーリンクサイトマップ
債務整理のお問い合わせ
金融派生商品トラブルについてのお問い合わせ
法律相談についてのお問い合わせ