取扱業務

さくら中央法律事務所(会社倒産・法人破産)
住宅を守る民事再生

住宅を守る民事再生

住宅を守る民事再生について

個人の民事再生とは、住宅等の財産を維持したまま、大幅に減額された債務(住宅ローンを除く)

を原則として3年間で分割弁済する手続きです。

この手続きは、多重債務で困っている方の中でも、住宅だけは守りたいと思っている方が特に利用

されています。


破産をすると、住宅ローンの残債務と比べて住宅の価値が高い場合は、不動産は処分されて、売却

代金(余剰金)は債権者に配当されてしまいますし、住宅ローンの残債務と比べて住宅の価値が

低い場合(いわゆるオーバーローン)でも破産の申立をすると、住宅ローンの返済ができなくなり、

不動産は競売にかけられてしまいます。

ところが、個人再生では、住宅ローンを特別に返済することができます。


 さらに、住宅ローンの変更(支払い期間の延長、ボーナス払いの廃止、再生期間中の弁済額の

減少等)、競売手続きが開始された場合でも、一定の要件を満たせば競売をやめさせることが可能

等、住宅を維持するための方法がいくつも用意されています。


住宅を守る民事再生について検討されている方は、

お気軽にご相談下さい!

無料相談ダイヤル:03-3350-1311

 

債務整理専用ダイヤル

女性のための借金相談

減額報酬バナー

よくある質問

このページのトップへ
プライバシーポリシーリンクサイトマップ
債務整理のお問い合わせ
金融派生商品トラブルについてのお問い合わせ
法律相談についてのお問い合わせ