取扱業務

さくら中央法律事務所(会社倒産・法人破産)
取扱業務
債務整理
自己破産

自己破産

自己破産とは

債務者(借り手)が多額の借金や住宅ローンなどにより経済的に破綻し、自己所有の資産を処分したとしても、全ての債権者(貸し手)に対して債務を完済することが出来ない場合に、所有財産(最低限の生活用品は除く)を換価処分し、全債権者に対して債権額に応じた弁済を公平に行い、不足部分は免除してもらう手続きを裁判所に自ら申し立てを行なう法的手続きのことをいいます。

自己破産で借金問題を解決する(弁護士に依頼した場合)

取り立てを止める弁護士に依頼すれば支払、請求、取立を
止めることが出来ます
自己破産にかかる費用弁護士費用の分割払いもご相談ください
費用について詳しくみる
自己破産の条件と制限自己破産する前と後で様々な条件や制限があります
メリット・デメリットについて詳しくみる
自己破産の手続きご相談から受任、申立てまで詳しくご紹介しています
手続きについて詳しくみる
お問い合わせ・相談自己破産のご相談は無料です
お問い合わせ・ご相談へ
 

免責とは

債務者が債務を免れることです。つまり、免責決定を受けて初めて借金がなくなるのです。この免責決定を受けることが、自己破産の手続きを行う目的です。
一般の方はよく裁判所に破産の申し立て(申請)をした時点で借金がなくなると思っています。しかし、実際は免責決定を受けて初めて借金がなくなるのです。
この免責決定が確定すると『復権』といって、債務者は破産手続き以前の状態に戻り、公・私法上の資格制限も解かれて全く普通に生活することができるようになります。

自己破産につきましては、裁判所を通しての法的手続きですので、専門の法的知識を必要とします。自己破産を検討されている方は、安易にご自身で判断なさらずに、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか?
東京・四谷のさくら中央法律事務所では、債務整理に関するご相談は無料でお受けしております。

少額管財と同時廃止(自己破産手続き)

債務者の申し立ての内容によって手続きが下記二通りに分かれます。

自己破産の手続き
A
  • 一定の資産のある方
  • 借入理由に問題のある方
  • その他裁判所の決める基準に該当する方
B
  • 資産がない方
  • 借入理由に問題がない方
  • 破産手続をするにあたって一切問題のない方
少額管財

裁判所が破産管財人を選任し、その破産管財人が破産手続を行います。所有財産の処分・必要な調査を行うことを「破産手続」と言います。破産管財人によるそれらの手続を経て、破産手続が終了(廃止)します。

同時廃止

処分するものや調査する事がない場合には、前述のような破産手続をする必要がない為、破産管財人もつきません。その場合、破産決定と同時に破産手続が終了(廃止)となります。これを同時廃止と言います。

債権者集会

破産決定後に、債権者集会があります。
これは債務者と弁護士と裁判官、破産管財人と、参加を希望する債権者とで話し合いをするものです。

免責審尋

破産決定後に、免責審尋があります。債務者と弁護士と裁判官との面接です。

免責の決定

問題がなければ、免責が決定します。


その他、債務整理に関するページ

債務整理とは

多重債務とは

自己破産

自己破産とは

自己破産 メリットとデメリットを詳しく解説

自己破産 ご来所から申立てまでの手続きと流れについて

自己破産 弁護士費用のご紹介

任意整理

任意整理とは

任意整理 解決事例をご紹介します

任意整理 メリットとデメリットを詳しく解説

任意整理 ご来所から受任までの手続きと流れについて

任意整理 弁護士費用のご紹介

個人再生

個人再生とは

個人再生 メリットとデメリットを詳しく解説

個人再生 ご来所から受任までの手続きと流れについて

個人再生 弁護士費用のご紹介

過払い請求

過払い請求とは

過払い請求 解決事例をご紹介します

自己破産特設サイト

債務整理専用ダイヤル

女性のための借金相談

よくある質問

このページのトップへ
プライバシーポリシーリンクお役立ちサイトサイトマップ