取扱業務

さくら中央法律事務所(会社倒産・法人破産)
プロミスの過払い請求

プロミスへの過払い請求

プロミスへの過払い請求について

プロミスのCMを見て、気づいた方がいらっしゃるかもしれませんが、プロミスは、三井住友銀行の

完全子会社となり、SMBCコンシューマーファイナンスと商号変更をしました。

そして、ブランド名としてのPROMISE(意味は約束です。)の名称は継続して使用しています。

元々プロミスは、自動契約機による審査・契約によって会員数を増やし、その後も、店舗やATMを

増設し、顧客の借入額の増額にも柔軟に応じる、金利も他の消費者金融より若干低くするなど、

消費者金融が全盛時代の勢いは、目を見張るものがありました。なお、現在のプロミスカードは、

コンビ二での返済も可能なようです。


過払い金請求については、訴訟外でも比較的高い返金額での和解が可能である業者です。しかし、

訴訟になると弁護士を立てて争ってくることから、提訴から返金までの時間がかかります。なお、

ポケットバンク(旧三洋信販)の過払い金も承継しています。またクオークローンの取引についても、

プロミスが引き継いでいるケースがありますので、あわせてご相談下さい。


※☆が多いほど依頼者方に有利になります。

訴訟外和解
訴訟
返還期間
★★★ ★★
返還額
★★★ ★★★★★









三井住友銀行グループであるため、経営破綻のリスクが少ない。

訴訟外でも比較的高い返金額での和解が可能である業者です。

なお、訴訟になると弁護士を立てて争ってくることから、提訴から返金までの時間がかかります。

ポケットバンク(旧三洋信販)の過払い金も承継しています。

クオークローンとの取引についても、プロミスが引き継いでいるケースがありますので、あわせてご相談下さい。


※アイフルに過払い請求をする場合の注意点

アットローン、三井住友銀行カードローン等の借入がある場合は、

信用事故扱いになります。また過払い金は他の借入金と相殺されます。


裁判所から訴状が届くなどお困りの方は、

ぜひ一度ご相談ください!

無料相談ダイヤル:03-3350-1311

 

債務整理専用ダイヤル

女性のための借金相談

減額報酬バナー

よくある質問

このページのトップへ
プライバシーポリシーリンクサイトマップ
債務整理のお問い合わせ
金融派生商品トラブルについてのお問い合わせ
法律相談についてのお問い合わせ