取扱業務

さくら中央法律事務所(会社倒産・法人破産)
取扱業務
債務整理
多重債務

多重債務

多重債務について

複数の借入先から返済能力を超えて借金をしている状態をいいます。

現在、日本では消費者金融の利用者は、1,400万人を超え、そのうち200万人以上の人々が返済困難な債務状態にあるといわれています。多重債務者の多くが、既にある借金の返済のためにあらたに金融業者から借り入れるという行為を繰り返し、雪だるま式に借金を増やし続けています。多重債務状態になると、個人で解決する事が困難になりますが、債務整理や法律による自己破産申立を裁判所に行うことにより、多重債務を整理する事が出来ます。

注意をする状態

多重債務は解決できます

多重債務を解決するには債務を整理する必要があり、基本的には、自己破産・任意整理・民事再生の3つの方法があります。

債務整理後

債務整理後は、生活と家計の建て直しが必要です。
債務整理後に再び借金を繰り返し多重債務に陥る人は少なくありませんが、一度自己破産するとその後7年間は原則として再び免責決定を受けられないことを肝に銘じてください。
また、普通の金融機関から融資を受けられない破産者を狙ってヤミ金融が電話やダイレクトメールでさかんに勧誘することがありますので、くれぐれもヤミ金融業者に連絡を取らないようにしてください。

まず必要最低限の生活費を確保し、浪費をせず収入に見合った生活をおくることが大切です。それでも、収入が少なく生活が成り立たないような場合は、公的機関による低利融資制度や生活保護制度を利用する方法もあります。

債務整理専用ダイヤル

女性のための借金相談

減額報酬バナー

よくある質問

このページのトップへ
プライバシーポリシーリンクサイトマップ
債務整理のお問い合わせ
金融派生商品トラブルについてのお問い合わせ
法律相談についてのお問い合わせ